私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

プロポスタンドの代わりになるような物を作ってみました♪

入会したラジコンクラブの皆さんが、「プロポスタンド」というなんだかカッコイイやつを送信機にくっつけているんです。
それを見て「私も買おうかなー」って思ったんですけど、ペリカンケースに入れる時に少し邪魔になるような気がしたので他の方法を考えてみました。

その考えた結果をこのブログの読者が見て「これがプロポスタンドの代わり?」ってちょっと残念な気持ちにさせてしまうかもしれませんけれど、この記事にたどり着いたのも何かのご縁ということで、是非最後まで見ていただけたらと思います♪

持ち手

ちなみに、送信機の持ち手部分である「キャリング・バー」にちょっとだけ工夫を施すのです。

代替プロポスタンド作成方法

それでは作り方を簡単に説明していきますねー♪

上面カバー

まずはじめに、アンテナの根元に付いているカバーを2.5mmの六角レンチなどで取り外します。

プレート

続きまして、バッテリーとサイドカバーを取り外したらネジを6本緩めます。 小さいほうのリアグリップは、この後シリコンカバーを装着する予定があるため取り外しました。

ちなみにプラスドライバーのサイズは赤丸が1番で、緑丸は0番になります。 ここでも可愛らしいデザインで精度も高いPB SWISS TOOLSのドライバーをおすすめします♪

裏カバー

ネジを6本外しましたらケースを上に持ち上げるようにするだけです。 この送信機もケースにツメなどはないからドキドキしなくても大丈夫♪

固定ネジ

ケースを外しましたら、赤丸内のボルトを2.5mmの六角レンチなどで緩めます。

バー取り外し

すると、このように簡単にキャリング・バーを取り外すことが出来るんです。

熱収縮チューブ

用意する材料は自作NASでも使用した熱収縮チューブだけです。(NASを自作する方法

チューブ取り付け

少しでも高さを確保するために、二重にしてみました。

プロテクトバー完成

シリコンカバーも装着しているので、これからは傷を気にすることなく地面に置くことが出来ますね♪

まとめ

手触りが良くなったので、手に持った時に以前よりも安心感を与えてくれるようになりました。
あと見た目もシンプルで素敵!

というわけで、満足感でいっぱいになったまりもでした♪

それではまた次回お会いしましょう。



スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です