私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

ガソリンエンジンに最適な燃料添加剤を選んでみました!

私が大切にしているホンダの発電機 “EU9i” が購入から1年以上経過したということで、そろそろ清浄系の燃料添加剤でも入れてエンジンやキャブレターを綺麗にしてあげたくなったんです。

それで、ときどき親戚から「ディーゼルウェポン」というディーゼルエンジン用清浄剤の購入を頼まれる事があったので、そのついでに私もガソリンエンジンに特化した清浄剤「ガソクリン」を注文してみることにしました。

燃料添加剤

燃料添加剤といえばWAKOS(ワコーズ)のF-1 フューエルワンが思い浮かびますが、フューエルワンはガソリンとディーゼルの兼用で幅広く使用出来るみたいなんですよね。

でもこのガソクリンはメーカーがガソリン専用に開発した商品ということで、なんとなく他の燃料添加剤よりも効果が期待出来そうな気がします♪

ガソクリン

使用方法はガソリン50Lに対しガソクリン70mLの添加が基本で、3,000~5,000km走行毎に1回添加するとキレイなコンディションを保てるみたい。

ということは、EU9iの燃料タンクが2.1Lでガソクリン1缶の容量が500mLだから約170回も使えるということですね。 あら添加剤が腐っちゃう…。
まぁプリウス君にも入れるとして、それでも何度も使うことが出来ちゃいますね♪

ちなみにWAKOSのフューエルワンは20~60Lに1缶使用するそうです。

まとめ

ということで早速ホンダの発電機にガソクリンを入れてみました。 でも元々何か不具合があったわけではないので特に変化は感じられなかったです。

まぁ今の良いコンディションを保つという意味で、これからも定期的に使って行きたいと思います。

それではまた♪



スポンサーリンク



スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。