私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

Futaba T10Jの互換バッテリーを購入してみました!

プロポ(送信機)のバッテリーって、飛行はもちろんですけれど機体の調整や何やらでちょこちょこイジっていると意外と早く充電切れしちゃうんですよねー。

そこで今使っているエネループの交換も地味に面倒ということで、ネットで容量の大きい互換バッテリーをポチってみました♪

安くて安心! TURNIGYの互換バッテリーを使ってみた!

FutabaのT10Jにはオプションで容量の大きなリチウムフェライトバッテリーが用意されているのですが、純正は少々お高いということでTURNIGYを選んでみました。

プロポ電源ON

初心者にも手の届きやすい価格帯の10J。 世界中で売れているみたいです。

エネループ

こちらは今まで使用していたエネループ。 白くて見た目は良いですけれど、電池ケースへの出し入れが結構きつくて指が痛くなることも…。

コネクタ取り換え

そしてこれが本日の主役。 TURNIGY 6.6V 2100mA/h 送信機用リチウムフェライトバッテリーです。

このままでも問題は無いのですけれど、せっかくなので充電用コネクタを私好みのBECに付け替えます。

取り換え後

工具があれば誰でも簡単に出来ちゃいます♪

バッテリー取り付け

さすが互換バッテリーですねー。 専用に作られているのでサイズもピッタリです!
エネループだと送信機の蓋が引っ掛かって電池が削れたりもしましたが、このバッテリーは厚みもちょうど良いので大丈夫♪

まとめ

このバッテリーに替えてしばらく使ってみましたが、エネループよりも3~4倍長持ちするので本当に買って良かったと思います。

それに純正のものより半額以下で手に入っちゃうからお財布にも優しいんですよー。 とってもオススメなバッテリーです♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です