私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

イメージファイルを書き込みたい時に便利なWin32 Disk Imagerの使い方

Windowsではイメージファイルの書き込みが出来ないので、拡張子が.isoや.imgのファイルをUSBメモリ等に書き込む際には専用のソフトを使わなくてはならないんですね。

その専用ソフトの中でも速くて簡単なのが、本日ご紹介する「Win32 Disk Imager」なのでございます。

今回たまたまFreeNASというOSを自作NASにインストールするので、実際にUSBメモリにISOファイルを書き込んでブート可能なUSBメモリを作成していきましょう♪(FreeNASのインストール方法と困った時に役に立つこと

Win32 Disk Imagerのインストール方法

まずはソフトを入手しにいきましょうねー。

Win32 Disk Imagerのダウンロード

皆さんご存じSourceForgeのサイトに行きましたら、Downloadボタンを押してwin32diskimager-1.0.0-installというファイルを保存または実行しましょう♪

ダウンロードページ

Win32 Disk Imagerのインストール

ダウンロードしましたら、win32diskimager-1.0.0-installというファイルをクリックして実行しましょう。

同意

I accept the agreementをクリックして同意し、Nextボタンを押します。

インストール先

インストール先を確認してNext。

フォルダー

フォルダー名もこのままでいいのでNext。

ショートカット

デスクトップにショートカットが欲しい方はチェックを入れNext。

確認

確認してInstallボタンをクリック。

インストール完了

Readmeを読みたくない人は、View README.txtのチェックをはずしFinishで無事にインストール完了です♪

Win32 Disk Imagerの使用方法

このソフトの使い方はとっても簡単なので、私も簡単に説明しちゃいますw

と、その前にUSBメモリをPCに挿しましょうね♪

イメージファイルをUSBメモリに書き込む

はじめに書き込みたいイメージファイルを指定するんですねー。

ファイル選択

右上のフォルダーアイコンをクリックします。

ファイル

右下の赤枠内を上の画像のように変えてからファイルを選びます。

書き込み

Writeをクリック。

承諾

Yesをクリック。

書き込み中

書き込み中です。

書き込み完了

OKを押して完了です。 あとはマザーボードのブート優先順位をUSBメモリに変更してインストールしちゃってください♪

まとめ

とっても簡単なソフトでしたね♪

それではまた。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です