私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

ブロアーとクリーニングクロスとマウスを買ったので比較してみました!

今回は前から気になっていた「かわいらしいブロアー」と、今まで使用していてお気に入りな「クリーニングクロスの後継モデル」と、試しに買ってみた「マウス」をそれぞれ比較してみたいと思います。

商品

ETSUMI キューティーブロアー

今まで、HAKUBAの「ハイパワーブロアープロ L ブラック」を使っていましてちょっと残念なところがありました。
それは、やや握りが固いのとノズルが長いのもあって、ピンポイントでゴミを飛ばしたい時にノズルの先端が目標からずれてしまって、上手くいかない場面が見られたんですね。
また、素材の関係なのかブロアー表面にホコリが付着しちゃうので見た目がよろしくないということも。

そこでETSUMIの「キューティーブロアー ホワイト」。

このブロアー、ノズルは短いし連続噴射しても疲れにくいということで、「ハイパワーブロアープロ Lよりも使いやすいのでは」なんて思ったわけです。

とまぁそんなことを期待した私ですが、もし期待通りでなくても「コンパクトでカメラバッグに入れるのにいいかなぁ」っていうのと、「なんだかかわいらしい」ので買ってみました。

大きさ比較

ブロアー大きさ比較

このとおりけっこう小さ目です。カメラバッグに入れるのには良いと思います。

風力

風の強さは今回購入した「キューティーブロアー」よりも、「ハイパワーブロアープロ L」のほうがずっと強力です。

その理由はノズルの口径にあるような気がします。下の画像をご覧ください。

穴

一見同じくらいに見えますが、よく見ると右側の「ハイパワーブロアープロ L」の先端内側にバリのようなものがあって口径が小さくなっているんです。

このことから「キューティーブロアー」のノズル口径を今よりも小さくすれば、風の強さが増すのではないでしょうか。といってもバリは嫌ですけど。

ちなみにノズルの材質は「キューティーブロアー」がPVC(ポリ塩化ビニル)となっていまして、手で触ると柔らかいです。一方「ハイパワーブロアープロ L」の材質はわかりませんでしたが、カッチカチです。
カメラやレンズに不意に当ててしまったことを考えると、ユーザーとしては柔らかいほうが安心ですよね。

握り心地

ブロアー表面

「キューティーブロアー」のほうが軽い力で握れて疲れにくいです。ポンプの戻りも早いのでリズミカルに送風出来ます。

ただノズルが短いので目標からずれないだろうと思っていましたが、そんなことはなくポンピングするたびにアレ?って感じです。(握り方が悪いのかな?)

他には、ポンプ表面が多少ざらざらしていてあまりベトつかないのでホコリは付きにくいと思います。

色は透き通ったような白で見た目は良いと思います。

というわけでどちらも一長一短といったところでしょうか。
個人的には「キューティーブロアー」がかわいいので、これの風力アップした改良型が発売されるのを望みます。

ミクロディアエピクロス

このクリーニングクロスは適度なボリューム感とソフトな肌ざわりが特徴で、前回購入した「ミクロディア」の後継モデルなんですね。(一眼レフカメラに必要と思われる小物を揃えてみました!

NEWモデルではさらに「永久制電加工」された素材もプラスしたみたいで、静電気が発生しにくいんですって。

では他に変わったところがないか見て行きましょう。

クリーニンググロス比較

上の画像の左が旧製品「ミクロディア」。右が今回購入した新製品の「ミクロディアエピクロス」です。

はっきり違いがわかるのは色だけですかね。左は使い古しだからかな?
近くでみると左の旧製品のほうが毛羽立っているけど、それも使い古しだからですかね。

これで2枚体制になったのでレンズ専用とその他用で使い分けられますね♪ でもサイズはMとLだけど、一目でわかるように色違いを買えばよかったかな?

logicool M325t

続きまして本日最後の比較になりますマウスをご覧ください。

マウス大きさ比較

左が今まで使用していたlogicoolの「M235」。右が今回購入しましたlogicoolの「M325t」です。

大きさや重さは同じくらいです。

新たにマウスを購入した主な理由は、今まで使っていた「M235」が壊れたからではなく、マウスの横のラバー部分がなんだかネチョネチョするといいますか、ヌルヌルといいますか、ん~ベトベトかな?
まぁとにかく触り心地がよくないわけです。

旧マウス

上の画像は今まで使っていた「M235」なのですが、ラバー部分に溝などがないため、暑い季節は「しっとり」を通り越して「気持ち悪い」になるのです。

そこで下の画像の「M325t」なら少しはマシかなと思い選んでみた訳なんですね~。

新マウス

で、今回買った「M325t」を使ってみたら、たしかに触り心地は良くなりました。
ところが他の部分に落とし穴が!…

ホイール比較

私、今まで3ボタンにこだわって使ってきたんですね。でも「M325t」はチルト機能含む5ボタンなんです。

いろいろ探したんだけど、3ボタンでワイヤレスで適度な大きさで触り心地の良さそうなのが見つからなくって…(logicoolで)

そこで私思ったんです。「M325tは5ボタンだけど、チルト機能なんて使わなければいいだけじゃない?」って。

ところが甘かった! 甘かったよ私!

なんとこの商品、ホイールが横方向にカタカタと遊びが大きいんです!(気になるのは私だけかも)
それともうひとつ 重大な欠点 特徴がありまして、ホイールの動きが軽くてちょっと触っただけで動いたり、回した時のクリック感(コトコト回る感じ)が薄くて、画面をスクロールしてても通り過ぎちゃったりで微調整が難しいです。

この2点の特徴のため、私の人差し指はぷるぷると震えることも。

まぁしっかり調べなかった私が悪いんですけどね…

ん~しかしこの特徴はちょっと受け入れられないかな~ どうしよう…

ほんとどうしよう……

まとめ

マウスに関しては、とりあえず古いほうの「M235」を無水エタノールでふきふきして使ってみようかな。

あと、今回購入した「M325t」の名誉のため?にいっておきますが、クリック感とマウスパッド上での滑らかな動きは「M325t」が勝っています。

それではまた次回お会いしましょう。



スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です