私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

山洋電気の高性能PCファン “SanAce” を分解して静音化する方法

全国1億3千万人のSanAceファンのみなさまこんにちは。 今回はNoctuaと並んで大人気の「山洋電気製 SanAce 120mm PWM」を分解してさらなる静音化を目指しちゃいます♪

先日のNCASE M1で組み立てた自作NASの記事にも同様の内容がありますけれど、あちらの記事はとっても長いので改めて書き直すことにしました。
自作NASは本当に長い記事なので、お時間のある時にでも読んでくださいねー♪(NASを自作する方法

PCファンの静音化

オウルテックから販売されている山洋電気製のSanAceは、「よく冷えるのにとっても静かで長寿命」が売りのファン。 それに色もシックでケース内で主張しすぎないから、他のパーツと組み合わせるのに何かと都合がいいんですよねー。

しかもちょこっと手を加えるだけで、さらなる静音化と超長寿命が手に入るんです!

山洋電気ケースファン

このように良いこと尽くめなSanAce君なので、さっそく静音化の方法をご紹介していきましょう。

SanAceダブルボールベアリングファンの分解方法

なんとこのファン、内部へのアクセスがとっても簡単に行うことができちゃうんです! まるであらかじめ整備しやすいよう設計してくれているみたいに。

sanace120

それではさっそく新品のファンをバラして中をお見せしちゃいましょう♪

sanace120グリスアップ前

作業としては、はじめにシールを剥がします。

sanaceグリスアップ準備

ヒートガンで温めながらやると剥がしやすいですよ。

純正スナップリング

シールをめくると、そこに蓋などはありませんでした。

スナップリングが見えるのではずしてみましょう。

スナップリングプライヤー

スナップリングプライヤーはTOPのSS-125Fが適合します。

スナップリング取り外し

ベアリングとスプリングも抜いてみましょう。

シャフト

シャフトやベアリングにはうっすらと油が塗られているようです。

ベアリング類

このような順番で入っていました。
ベアリングは外径8mm、内径3mm、幅が4mmのシールドベアリングです。

もしベアリングが古くなって動きが悪くなってしまったら、ミネベアのシールドベアリングが評価が高くおすすめです♪

シャフト穴

シャフトケース側を見ても他のメーカーとは美しさが違いますよねー。 さすがSanAceです。

グリスを塗って静音化 & 耐久性アップ!

さらなる静音化のためにグリスアップしちゃいましょう。グリスはコルセアファンの分解整備でも使用した高性能なやつを適度に塗っていきます。(PCケースファン静音化大作戦! 高性能グリスで高級ファンに様変わり!?

シャフトグリスアップ

ビニール手袋等をはめてグリスをベアリングにぬりぬりしてからシャフトに通します。 素手でやると石鹸ではなかなか落ちないんですよねー。
シャフトにはグリスのチューブをそのまま刺すだけでOKです。

フレーム取り付け

続きまして、フレーム側を被せましょう。

スプリング挿入

グリスを塗ったスプリングを入れます。

ベアリング取り付け

ベアリングも入れましょう。

磐田スナップリング

上から押し付けるようにしてスナップリングで留めます。 このときスナップリングプライヤーは使用しません。
プライヤーを使用すると、リングが開いたままの状態になりベアリングを留めることが出来なくなっちゃうんですねー。

磐田スナップリング

替えのスナップリングは磐田電工のIWT G-3という一番小さなリングです。オチアイだとSTW-3が合いますよ♪

純正スナップリング取り付け

でも今回は純正のスナップリングがまだ使えそうなので純正でいこうかな。

無水エタノール清掃

最後に、シールを貼る面に付いてしまったグリスを無水エタノールできれいにしましょう。

作業には、カメラのレンズやイメージセンサーの清掃でおなじみのシルボン紙が塵も出なく使いやすいのでおすすめです♪

シール貼り

もともと貼ってあったようにシールを貼り直して作業完了となります。

艶消し黒シール

私は、直径38mmの艶消し黒シールを貼りました♪ ちなみに92mmファンのシールは30mm径になります。

シール貼り付け

カッコよくなりましたね♪

静音化完了

まとめ

さっそく自作NASに取り付けてみましたが、本当に静かですよねーSanAceって♪

メンテナンスも容易だし、なんて素敵なファンなんでしょう。

過去記事ではこのファンの取り付けネジなんかもこだわっちゃったりしているので、お時間がありましたら見に行ってくださいねー(NASを自作する方法

それではまたー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です