私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

はじめての本格的なラジコンヘリにはGoblin 380を選んでみました!

とうとう買っちゃいましたよ皆さん! 本格的な組み立て式のラジコンヘリです。 見た目がとっても素敵なGoblin 380を選んじゃいましたー♪
私はまだラジコンのことはよくわかりませんけれど、Goblinってイタリアのメーカーらしいですよ。 イタリア人もラジコンが大好きなんですねー。

ちなみに購入は日本の代理店のGOLDSTONESさんから。
でもこんな高価なものを私なんかに組み立てられるのかちょっぴり不安です…。

はじめての組み立て式ラジコンヘリ

それでは今回購入したものを皆さん一緒に見ていきましょう!

goblin380一式

なんだかいっぱい買ってしまいましたー。

goblin380箱

この大きな箱がGoblin 380の組み立てキットです。

開封

箱を開けるとそこには立派な説明書がありました。 まるで本のように分厚いです。

でも私はPDFを見て組み立てるからアレなんですけどね…。

開封2

いくつかの箱に分けられているようです。

4つの箱

全部で4つありました。 順番に見て行きましょう。

パーツ

まずは手前の細長い箱から。

たくさんのパーツがきれいに袋分けされているんですね。 わかりやすく番号も振ってありますので、これなら迷いなく組み立てられそうです。

パーツ2

2つ目の細長い箱は長物が入っていました。 たしかこのメインブレードだけでも結構なお値段がするんですよねー。 壊さないように気を付けようっと。

パーツ3

最後の大きな箱はやはりキャノピーでしたー。 今はわかりにくいでしょうけど、なかなかイケメン君なんですよ。 完成後をお楽しみにー♪

ちなみに小さな箱は空っぽでした。 噂によると「何とかコンボ」を購入するとモーターやサーボが入っているみたいですよ。

組み立てキット以外に必要なもの

それでは続きまして組み立てキット以外に購入した物を見ていきましょう!

サーボ

サーボはドリームコンボにも選ばれているKSTにしてみました。 KSTはあのBKサーボのOEM先でもあるみたいですよ。

ラダーサーボはコンボと同じDS565X、スワッシュサーボは見た目でX12-508を選んじゃいました。

cgy760r

ジャイロはFutabaの新製品「CGY760R」です。 FutabaのジャイロはF3C界でも多くのシェアを獲得しているとか。 私も美しいホバリングがしてみたいです♪

ただこの製品はネットの情報がまだ少ないのでちょっと心配です。

esc

ESC(アンプ)はこれまたコンボと同じHobbyWingのPlatinum-100A-V3です。 プログラムボックスも買っちゃいました。

モーター

モーターはX-NOVAのXTS 2820-890KVです。 軽さと「回転数が低い方が扱いやすいのかなぁ」という理由で選びました。

リポバッテリー

リポバッテリーは6セル2200mA/h 22.2V 45Cです。 お店に入荷されましたらあと4つ購入する予定です。

充電器

充電器はリトルベランカさんからISDT D2を購入しました。 同時に2本充電できるので良いかも。

電圧センサー

Futabaのテレメトリー電圧センサー「SBS-01V」も買ってみました。 動力バッテリーの電圧が下がってきたらお知らせしてくれるので便利かなぁと思って。 こちらもリトルベランカさんから。

デジタルピッチゲージ

デジタルピッチゲージはALIGNのやつですね。 お高くてビックリ。

サービス品

最後にこれはGOLDSTONESさんからサービスで頂いた商品です。 説明書に付属品が記載されていないのでサーボホーンは購入していなかったんですよねー。 てっきり組み立てキットに入っているものだと思っていたので本当に助かりました。

この他にも一番上の写真にもあるステッカーセットも頂いちゃいました。 GOLDSTONESさんありがとうございます。

まとめ

言い忘れていましたが、今回ドリームコンボではなくバラで買ったのに特別価格にまでしてくれたんですよ。 噂には聞いていましたがなんて太っ腹なんでしょうー。 ほんとオススメのお店ですね♪

というわけで次回は組み立て作業に入ります。

それではまたー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です