私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

ボールリンクプライヤーを比較しておすすめ商品を選び抜いてみました!

わたくしまりもは組み立て式のラジコンを始めてから、持っていると便利な工具「ボールリンクプライヤー」をいくつか用意していったのですが、その精度の悪さに「何か良いプライヤはないかなー?」っていつも悩んでいたんですね。

そこで「国内メーカーなら信頼できるかもー!」ということで、お買い得セール中だったブレードバランサーを購入するついでに、ヒロボーの「ロッドエンドペンチ」を選んでみました♪

バランサーとプライヤー

これがなかなか使いやすいペンチなので、他のと比較していきたいと思います。

ちなみに定価は3,500円となっております。

ボールリンクプライヤーの使いやすさを比べてみよう!

それでは上でご紹介した商品の他に、私が過去に購入した2つのプライヤにもご登場していただきましょう!

ボールリンクプライヤ

左から、ネットでよく売られている格安商品、台湾メーカーのALIGN(アライン)、そしてヒロボーになります。

ボールリンクサイズ

プライヤを比較するにあたって、まず始めにテストで使用する機体「Goblin 380」のボールリンクのサイズを測ってみました。

700クラスとかの大型ヘリではどうかわかりませんが、アラインのT-REX 470と同クラスのGoblin 380は直径4.71mmという大きさです。

測定には、お値段のわりには精度が高いと評判の「シンワ測定 デジタルノギス 150mm」を使用しました♪

ボールリンク

それでは実際にリンクの付け外しをしていきましょう!

リンク取り付け

はじめにリンクの取り付けから比べてみました。

ヒロボー着

最初に登場するのは、今回テストするプライヤの中では最高級のヒロボー君です。

欲を言うとあと1~2mmプライヤの掛かりがあれば良いとは思いますが、とりあえず問題なく取り付けることは出来ます。

アライン着

続きましては台湾からやってきたアライン君になります。

ご覧のように「ボッチ」が邪魔をしてプライヤの掛かりが浅いので、上手く取り付けることが出来ません。 力を加えるとプライヤが滑って簡単に外れてしまうから、キズだらけになってしまうんですよ…。
もしかしたら設計段階で、リンクの取り付けは想定されていないのかもしれませんね…。

ノーブランド着

最後は、ネットでよく売られている格安商品を見てみましょう。

このように片側はボールに当たり、もう片方は掛かりが微妙です…。 そのせいか結構キズが入るので残念な気持ちにさせてくれます。

リンク外し

次にリンクを外す方はどうなのか見ていきましょう。

ヒロボー脱

まずはヒロボーから。

掛かりも良く問題なく外すことが出来ます。 さすが国内メーカーといったところでしょうか。

アライン脱

続きまして、先ほど問題外の能力を露呈してしまったアライン君。

このアライン君、リンクを外すのはとても得意なようです。 やっぱり「リンク外し専用」なのかな?

ノーブランド脱

そして最後に、ネットで大人気の格安くん。

あろうことかボッチが低くて外すことが出来ません! 左右に捻りを加えムリやり外すことは可能ですけれど、やはりキズだらけになってしまいました…。

形状比較

ついでに先端の形状も見て行きましょう。

先端比較

もう格安くんは論外ですね。 手作業でやってもこうはならないレベルだと思います。

しかも材質が柔らかいのか、ボッチがみるみる潰れていく始末…。 ほんと論外。

閉じ比較

閉じ具合もこんな感じです。 格安くんは捻くれちゃっていますね…。 それに比べてヒロボーさんはここでも優秀♪

先端サイズ

ちなみにヒロボーさんのボッチが付いていない方のサイズを測ってみましたが5.05mmでした。
これは大型ヘリにも使えるプライヤなのかな? どうなんでしょうね。 どなたかご存じの方がいましたら教えてください♪

まとめ

皆さん既にお気付きとは思いますが、オススメのボールリンクプライヤーはヒロボーさんの「ロッドエンドペンチ」になりました♪ ご覧のとおり圧勝ですね♪
私も最初からこれを買っておけば良かったなー。

でもどういう訳か、初めの頃はついつい安い物に手が出ちゃうんですよねー。 そのほとんどが安物買いのなんとやらになるのに…。 うーん、これからは気を付けないと。

というわけで、今回はボールリンクプライヤーのお話しでした。 この記事が少しでも参考になれば幸いです♪

プライヤ先端比較



スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です