私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

暖かく艶のある音色を奏でる魅惑の真空管アンプを作ってみた♪

全国1億3千万人の真空管アンプファンの皆様こんにちは。 最近オーディオのことが気になって仕方がないまりもです。

わたくしまりもは、今まで音楽を聴くといえば車の中であったりとかPCのモニターから出る音だけだったんですね。

でも、好きな曲を「もっと良い音で聴いてみたい!」という思いにかられてオーディオの世界にちょっとだけ触れてみることとなりました。

そのオーディオの中でも「真空管アンプ」というものになぜか不思議な魅力を感じるんです。

真空管の柔らかい音と暖かい光りが、「日々のストレスから解放してくれるんだろうなぁ」とか「写真の現像も捗ったりするかな?」なんて思ったり。

というわけで、何かと理由をつけてなんとか真空管アンプを買うことに成功しました! しかも作るのが楽しそうなので組み立てキットを♪

そこで私が選んだのはSUN AUDIO(サン・オーディオ)のSV-2A3という商品です。 このアンプ、見た目が私好みなのもありますが、さらに音を良くするための「アップグレードパーツ」が用意されていたり「300Bへの変更キット」もあったりで作った後もいろいろ楽しめそうなんですよねー。

それと商品について問い合わせた時に、サン・オーディオさんはもちろんですが購入先のオーディオ専門店エレックスさんがいろいろ助けてくれそうな雰囲気だったのも後押しとなりました。

真空管アンプの作成

ネットでポチってから数日、購入先のオーディオ専門店エレックスさんから意外と早く商品が届きました!

sv-2a3キット

さっそくダンボール箱からアンプキットを取り出してみました。 この他に説明書関係の書類も入っていました。

パーツ

部品点数は案外少ないものなのですねー。 これなら早く完成できるかも。

真空管

真空管は左からTUNG-SOL(タングソル)6SN7GTB(電圧増幅管)と、PSVANE(プスバン)2A3B(出力管)と、SVETLANA(スベトラーナ)5U4G(整流管)です。

はじめて真空管を見るのでよくわからないですけれど、なかなか素敵な良い品物が付いてきたのではないでしょうか。 価格を調べてみたら結構お高いので、きっと良いものに違いない。うん。

裏側

作業はケースをひっくり返して行いますので、ケースを逆さまにして裏蓋を取り外します。

塗装剥がれ

塗装の乗りがあまいのか、ところどころ剝がれている箇所が見受けられます。

傷

見えない所なのでどうでもいいですが、小さな当てキズもありました。

でもWEBサイトの商品は普通のゴム足なのですが、このキットには素敵なインシュレーターが付いて来たのでなんだかトクした気分です♪

中身

このトランスから出ている線をいろいろな所にハンダ付けしていくんですねー。 楽しみだなー♪ がんばろうっと♪

はんだごて

この日のために新たにHAKKOのFX-951というステーションタイプのハンダこてを買っちゃいました。 ステーションタイプはパワーがあるので、熱回復が早く母材を痛めずハンダ付け出来ちゃうんですねー。

それとスリープ機能が備わっているので、こて台に置いたらすぐに温度が下がってこて先を酸化から守ってくれるという優れものなんです♪

配線作業

サン・オーディオさんの真空管アンプキットには、初心者でもわかりやすい説明書や配線の写真が付いてきます。

説明書

その説明書の中に載っている実体配線図と配線例の写真をじっくり見ながら夢中になって作業しました。

配線全体

その結果、あまりにも夢中になって作業したので途中経過の写真を撮り忘れちゃいましたw

というわけで完成後の写真しかありませんが、とりあえず配線を一通り見ていきましょう。 ちなみに配線とコンデンサを取り付けた写真は、クリックすると大きくして見ることができちゃいますよ。

ACインレット

説明書の順番どおりに進めると良いらしいので、まずは私も電源トランスの線からやっつけちゃいました。

スイッチ周辺

ネジネジしている線はヒーター線で、撚ることで外部への漏洩磁束を少なくすることができると同時に、外部からの影響も少なくできるそうです。 まぁ要するにハムやノイズが軽減できるのかな?

ハムバランサー

上にある丸い2つの物体がハムバランサーなんですね。 ここは実体配線図と配線例では結線方法が違うので少し戸惑いましたが、私は実体配線図のやり方で結線しました。

他にも実体配線図と配線例で違うところが見受けられますけれど、結果が同じであればどちらでも良いという事ですよねきっと。

増幅管

増幅部とボリュームがある辺りはそれなりに手間がかかるので、慌てずゆっくりと作業したいところ。

スピーカー端子

スピーカー出力端子へのハンダ付けでは、熱回復の早い高出力なハンダこてを使用した方がいいですよ。

前に使用していた太洋電気産業のPX335では、端子にハンダこての熱が奪われてハンダがなかなか溶けてくれないんですよねー。 FX-951は余裕で作業できます♪ さすがステーションタイプ。

GND

続きまして奥に見えますのがRCA入力端子とGNDになります。

入力端子につながっているのはシールド線でございまして、熱収縮チューブに切れ目を入れそこからアミ線を出しGNDに落としているんですねー。 ボリューム側でも同様のことをするので、なかなか手間のかかる部分でもあります。

電源トランス側から

シールド線はシャーシのボトム側を通してみました。

配線作業が終了したあたりで付属のハンダを使い切ってしまったので、ハンダの世界で有名なこの商品を購入してみましたー。

日本アルミット

日本アルミットのKR-19ですね♪ 「世界最高の品質」というのに釣られてしまいました。

で、肝心の作業性はといいますと、濡れ性が良くフラックスも付属のハンダみたいに酷く飛び散らないのでそこそこ使いやすいほうだと思います。 ただ、付属のハンダより若干「つの」が出やすいかなー。

それでもオヤイデの銀入り鉛フリーハンダSS-47」に比べると、低温で溶けるしやり直しの修正作業も簡単なので母材を痛めにくく良いのではないでしょうか。

抵抗とコンデンサの取り付け

ここまで来たら完成まであと少しです。

残りのパーツは、抵抗が11個とコンデンサが9個だけです。 これを付け終えたら真空管アンプの音が聴けるんですねー 楽しみです♪

抵抗とコンデンサー

話によるとコンデンサには極性があり、取り付け方向を間違うと爆発してしまうおそれがあるみたいですよ。

なのでしっかり説明書と写真を確認して作業に取り掛かりました。 しかも夢中になって。

完成全体

というわけで今回も途中経過の写真はないんですねー。

でも所々マクロレンズで近づいて撮ってみたのでとりあえず見ていきましょう♪

ホーロー抵抗

コンデンサはとても熱に弱い部品なので、なるべくハンダ付け作業を短時間で終えられるように意識してみました。 放熱クリップを使用するのも良いですね。

フィルムコンデンサー

上の白いやつはフィルムコンデンサといって極性がないようなので、他のコンデンサと文字の向きを揃えてみました。

大きなコンデンサー

一際大きなコンデンサがありますねー。 アップグレードパーツのコンデンサはさらに大きいみたいですよ。

抵抗アップ

この写真ではわかりづらいですが、熱の影響を少なくするために抵抗とコンデンサはかなり離して取り付けてあります。

コンデンサー全体

うーん、左右揃っていて美しいです。 がんばったがんばった。

真空管アンプの完成

いやー やっとここまで辿り着きましたねー。

あとは説明書の指示に従い、誤配線がないかしっかり確認してから、はじめての電源投入の儀式「火入れ」を行います。 緊張の一瞬です。

爆発しないかドキドキしながらスイッチON!

ネオンランプ点灯確認! 変な音や匂いもしないし、もちろん火も吹いていません!w

どうやら成功したようです。 このあとも残りの確認手順とハム調整を行い、異音などの問題もなく無事に完成となりました。 よかったよかった♪

sv-2a3フロント

完成したSV-2A3は、しばらく眺めていられるほどの魅力を持っておられます。

sv-2a3リア

後姿もなかなか素敵。

スピーカーターミナル

端子類も美しいですね。 これはサン・オーディオの製品全般にいえることなのですが、他社のキットよりも良いパーツが使用されているみたいですよ。

sv-2a3ケーブル

ちょうど良い長さにするために、ケーブル関係も自作してみました。

電源タップ

電源タップはオヤイデのMTS-6を購入しました。 同等のパーツで自作するより、完成品のほうが安上がりみたいです。

今回「はじめてのオーディオ」なので、PC以外なにも持っていない私はスピーカーも買うことになりました。

スピーカー

見た目も良く大きさも価格もお手頃なモニターオーディオBRONZE 2を選んでみました。 このスピーカーなかなかキレイな音が鳴るんですよー。

モニターオーディオ

通称モニオくんです。

御影石

30mm厚の御影石とTAOCのスピーカースタンドも買っちゃいました♪ スパイク受けと御影石の間には山本音響工芸のブチルゴムを入れています。

次にスピーカーケーブルのつなぎ方なのですが、このスピーカーはバイワイヤリング対応とかいうやつなんですね。

スピーカーケーブル

バイワイヤリングのケーブルのつなぎ方はいろいろあるようですが、私は上から下まで貫通させるオーソドックスな方法を取りました。 ちなみにケーブルはBELDEN(ベルデン)の8477。

ジャンパープレート

こちらは付属のジャンパープレートになります。 プ○ケーブルさんによりますと、このジャンパープレートが音を悪くする「鬼門」らしいので使わない方がいいみたいですよ。

usb-dac

今回はとりあえずオモチャのようなUSB-DACを購入してみました。 なんだかかわいいですね。

でも今度はTEACとかの電源が搭載されているUSB-DACを選んでみようかなー。

まとめ

わたくし初めて真空管の音を聴きましたが、まさに今回のタイトルのように暖かくて艶のある音が流れてくるんですよねー。 今まで経験したことのない、なんだかとても不思議な音色です。

2A3は真空管の中でも「もっとも真空管らしい音」といわれるみたいなので、もしかしたらそういうのもあるのかもしれませんね。

さらに良い音になるようこれから時間をかけて好きな曲をたくさん聴いていきたいと思います。

2a3

最後に、この青い光りは蛍光という現象なんだそうです。 眺めているととても癒されますね♪

それではまたー。



スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です