私、カメラが趣味になりまして…

カメラ始めちゃいました物語り。

ステーションタイプのはんだこて「HAKKO FX-951」で、はんだ付けがもっと楽しくなる♪

みなさまこんにちは。 わたくしどういうわけか「はんだ付け」という作業が好きみたいで、周りの友達からは「まりもってほんと変ってるよねー」なんて言われちゃったりしています。

今回は、そんな私の趣味のひとつでもあるはんだ付けで必要なはんだこてを「新しくしちゃいましたー」というお話になります♪

ステーションタイプで売れ筋のHAKKO FX-951

ステーションタイプの中でもお買い得なHAKKOのFX-951

ホームセンターで並べられている商品とは違い、このような立派?な箱に入って我が家にやってきました。

fx-951箱

それではさっそく箱から取り出してみましょう。

箱出し

なんだかたくさん入っていました。 お高いだけはありますね。

セット内容

ビニール袋から取り出してみるとこんな感じ。

説明書の上に置いてある青いやつは、設定温度等を変更したりする時に必要なカードなんです。 通常は本体に挿しっ放しでいいみたい。

オプション

こて先はセットに入っていないので自分で用意する必要があります。 とりあえず使用頻度の高いC型とD型を買ってみました。

その他にも、こて先を立てておく台や色違いのグリップなんかも買っちゃいました。

はんだごて

こんな感じでこて先を立てることが出来るんですねー。 このこて先置き台は金属製なのでずっしりと重くて安定しますし、熱々のままでも立てることが出来るので結構いい感じなんですよー。

fx-951

質感は写真で見るよりずっと高くてなかなかカッコイイです。

また、このFX-951にはスリープ機能というのが備わっていて、こて台に置いたらすぐに温度を下げてくれて「こて先を酸化から守ってくれる」という優れものなんです♪

あと、こてのケーブルが安いこてみたいに平型ではなく断面が円形なので取り回しがしやすいというのも魅力的ですよね。 前に使っていたgootのPX-335では、向きによってケーブルが変に曲がるのでかなりストレスを感じていました。

こて先

このこて先はBC型のT12-BC3になります。 みなさんもそうだと思いますけど、このような形状のこて先がなにかと使いやすいですよね。

日本アルミット

はんだも数多く売られていて迷ってしまいそうですが、「世界最高の品質」というのに釣られて日本アルミットのKR-19を買ってみました。 作業性はまぁまぁです。

フラックスはボトルタイプをずっと使っていたのですけれど、今回新たに購入した筆タイプのフラックスもなかなか使いやすくて良いですよ。

オヤイデはんだ

オヤイデの銀入りはんだ「SS-47」も買っちゃたんですねー。 噂によると音が良くなるみたいなのですが、鉛フリーの宿命なのか作業性は悪いです。

ということであまり使わないかも。

まとめ

今回このFX-951で真空管アンプ(暖かく艶のある音色を奏でる魅惑の真空管アンプを作ってみた♪)を組み立ててみたのですが、「母材によって設定温度を簡単に変えられる」というのと「ステーションタイプによるハイパワー」のおかげで手際よく作業をすすめることができました。

とくにスピーカー出力端子のような大きなパーツへのはんだ付けでは、「普通のはんだこてだと端子に熱が奪われてはんだがなかなか溶けてくれない」となるところを、ステーションタイプのFX-951ではいとも簡単にはんだ付けが出来ちゃうんです!
このように高出力で熱回復が早いというのは本当に使いやすく、安心して多くのみなさんにオススメ出来ちゃいます♪

てなわけで道具選びの大切さを改めて感じたまりもでした♪

後日、追加でこて先を購入しちゃいましたー。

後買い

いろいろ持っているとなにかと便利なのが分かっているので、ついつい揃えたくなっちゃうんですよねー。

こて先クリーナーはgootのと比べてどうなるかはこれからのお楽しみ♪

それではまたー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です